読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線グランクラスに乗車してみた

前回の記事に続き、今回はグランクラスの乗車体験についてレポートしていきたいと思います。グランクラスは新幹線のファーストクラスと言われるだけに、大変満足な体験でした。

乗車区間は東京駅~軽井沢駅で、時間にして1時間ちょっとです。

 

目次

 

料金について

今回の料金ですが、5月5日の『はくたか』東京駅~軽井沢駅で12,590円です。

 

【費用(片道)】

 乗車券:2,590円

 特急券:2,800円

 グランクラス:7,200円

 合計:12.590円

 

この記事を書きながら、あらためて見返してみると、とっても高いです!

ちなみに、帰りの新幹線は身の丈にあった指定席に乗りました。

 

車内について

グランクラスが登場して、日がたっているので、みんな乗りなれているんだろうな~と思い、あたかも『初めてじゃないですよ』的な雰囲気で乗車しましたw

が、意外と管理人と同じく初利用の方が多くて、「すごい!」、「きれい!」との歓声があちことから聞こえ安心しました。みなさん写真をパチパチ撮ったり、シートの備品を一つ一つ確認して感動していました。

f:id:cider44:20170507162530j:plain

                                       

シートは高級感満点の革張りです。リクライニングは電動で、車内専用のスリッパが用意されてました。もちろん、コンセント完備です。

 

f:id:cider44:20170507162917j:plain

 

テーブルは肘置きの中に斜めに格納されており、最初は上手く出すことができませんでした。

 

車内サービスについて

上野駅を出発すると、食事(軽食)・飲み物について、前の席の方から順番に用意てされてました。もしかしたら、後ろからも用意されていたのかもしれません。

食事は和軽食と洋軽食(サンドイッチ・付け合せ)、お菓子は洋菓子とおかきから選択できます。 

今回は、和軽食とスーパーリングをチョイスしました。見た目も華やかです。

f:id:cider44:20170507162952j:plain

軽井沢駅まで残り30分ちょっとところで、管理人の席に食事の飲み物が用意されました。軽井沢駅に到着するまでに食べ終わるかなと心配して急いで食べましたが、意外と早く食べ終わってしまい、もっとゆっくりと堪能しても良かったかなと思いました。

実際、大宮駅から乗車して、軽井沢駅で降りる方もいるぐらいですから、食事の量も考えられているんだと思います。

食事が終わったあとの空容器やグラス等の回収集もスムーズでした。

 

まとめ

グランクラスの利用ですがJR東京駅のラウンジと併せて快適で優雅な旅行を満喫したい方には非常におすすめです。新幹線の指定席券の料金と比べると、およそ2倍の出費となりますので、そこは検討材料ですね。

今回は、無駄に緊張したり、写真を撮ったり、シートの備品を確認したりで、あっと言う間の旅路でした。勝手がわかった次回からは、ゆったり乗れると思います。

JR東京駅のビューゴールドラウンジを利用してみた

今さらながら、北陸新幹線グランクラスに乗車し、グランクラス利用者なら利用できるJR東京駅のビューゴールドラウンジを利用してきました。今回は、乗車したい新幹線の指定席が完売しており、グリーン車に乗ろうかなと思ったんですが、せっかくなのでグランクラスに乗ってみることにしました(余裕をもって切符を用意しとけよって話なんですがね…)。東北新幹線も含め、グランクラスは初乗車です。

 

目次

 

ビューゴールドラウンジの利用について

ラウンジ利用条件は複数ありますが、今回は以下の条件にてラウンジを利用します。

 

当日東京駅発の「グランクラス」をご利用になる方」(viewカード ホームページより)

 

ラウンジの営業時間は、午前8時~午後6時までで、当日乗車する新幹線の出発予定時刻の90分前から利用できます。一度、ラウンジから退室しますと再入室はできません。

つまり、午前12時東京駅発の新幹線(グランクラス)に乗車する場合は、午前10時30分からラウンジが利用でき、再入室不可ってことです。

ちなみに、ラウンジは東京駅の改札の外側にあるので、東京駅までJRで来る場合は、1度改札の外に出る必要があります(新幹線の切符は、通常、途中下車無効ですので東京駅まで別の切符を用意する必要があるってことですかね?)。加えて、改札の外側にあるので、新幹線の発車時刻ぎりぎりまで利用することはできません。

なお、東京発のグランクラスは新幹線の先頭車にあります。改札を通って、ホームに上がってからも、先頭車までせっせと歩かなきゃいけないのを忘れて、途中で焦りましたw

 

↓ビューゴールドラウンジの入口です。『四季島』のラウンジと共通のようです。

 

f:id:cider44:20170506163256j:plain

 

ラウンジで受けられるサービスについて

ラウンジでは、以下のサービスを受けることができます。

・ソフトドリンク(アルコール類はないようです)

・お菓子

・新聞・雑誌

無線LAN

・クローク(※ラウンジ利用中のみです)

 

ラウンジに入ると、すぐに係りの方が席まで案内してくれました。viewカードのホームページを見ると座席数は34席しかないようで、GWの真っただ中、激混みかと心配しましたが、利用されている方は常時3組ほどしかおらず、とても静かでした。ラウンジ内の写真を撮ろうかと思いましたが、他の利用されている方の迷惑になるかと思い自粛しました。それぐらい独特の雰囲気が流れてました。もしかして、場違い。。。

上のサービス以外に、お土産にドリンクを頂きました。今回は、お水、お茶、リンゴジュースから選べました。

雑誌類も充実していて、出発前の時間潰しにはもってこいです。

無線LANは利用していませんので接続状況等は不明です。

羽田空港~那覇空港の運航便を利用してプレミアムポイントを稼ごう

SFC修行を行うにあたり、費用を抑えることは最優先課題の1つですね。ポイントサイトを利用して、たくさんのマイルを獲得し、SKYコイン交換することで費用を抑える先輩マイラー(ブロガー)も多数おられます。あわせて検討が必要なのが、費用対効果で効率的にプレミアムポイントを獲得できる運航便を利用することです。

 

目次

 

現在のマイル数とプレミアムポイント数

現在の状況は以下の通りです。

・マイル数:12,129マイル

・プレミアムポイント数:14,812ポイント

 

今年も、もう4月です。3分の1が経過しております。このままのペースで行くと、プレミアムポイント数は44,436ポイントになり、5,000ポイント以上足りません。。。

諸事情で利用している九州便以外に、プレミアムポイント獲得目的で飛行機に乗らないといけません。

 

プレミアムポイント数の調べ方

 お金にも時間にも限りがあるので、1度のフライトで効率的にプレミアプポイントを稼ぐ必要があります。ってことで、自分が乗る(乗りたい)便の獲得ポイント数を調べておきましょう。

獲得できるプレミアムポイント数の算出方法は複雑ですが、飛行距離(マイル数)、料金(チケットの種類)等が要因となっております。

そこでお手軽に調べる方法がANAの公式サイトにあります。

 

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

↑のサイトに条件を 入力うることで簡単にプレミアムポイント数を調べることができます。

ちなみに、プレミアムポイント数を決定付ける要因の1つに飛行距離がありますが、飛行距離が長ければ長いほど、1度のフライトで獲得できるポイント数が多くなります。

 

飛行距離が長い ⇒ 獲得プレミアムポイント数も多い

 

羽田空港なら、那覇便が現実的

羽田空港から1番遠い空港となると石垣空港となりますが、便数が多くありません。費用面で考えると安い時間帯の便に乗れる(選べる)&現地で1泊せずに日帰りで行いたいところです。

そう考えると現実的なのは、羽田空港那覇空港の日帰り修行でしょうか。

ちなみに、羽田空港からみて、那覇空港とは真逆に位置する新千歳空港は意外とプレミアムポイントが稼げません。東京から札幌って、意外と近いんですね。。。

 

<プレミアムポイントの比較>

 羽田空港那覇空港 :2,368ポイント

 羽田空港新千歳空港:1,420ポイント

 羽田空港福岡空港 :1,534ポイント

 羽田空港鹿児島空港:1,602ポイント

   ※2017年4月30日のフライトで、正規料金にて算出。

 

今後は、那覇空港行きの便でプレミアムポイントの獲得を狙っていきます!!

 

効率的にマイルをためるためにANAカードを作成しました

どうも!SFC修行に必携のANAカードを作成いたしました。申し込みから作成までに2週間ぐらいで手元に届いてます。いざ入手してみるとテンションが上がりますね。必要なカード払いは、このカードに集約して、どんどんマイルを獲得していきたいと思います。

 

目次

 

作成したカードについて

管理人が作成したのは『ANA VISA Suicaカード』です。このカードを選んだ理由ですが、現在、JR区間の定期を利用していますがSuicaオートチャージが出来るカードを持っていなかったので、オートチャージが出来るこのカードを選びました。

獲得ポイントのコースは、もちろん10マイルコースを選択しています。10マイルコースを選択すると移行手数料(6,000円+税)が発生しますが、年間の獲得マイル数を考えると10マイルコースの方がお得と判断しました。

今後、ポイントサイトからの移行等を考えるとソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)かなと思ったんですが、日頃のSuicaチャージ代金もばかにならず、早急にこちらを解消したかったため『ANA VISA Suicaカード』を選択しました。デザイン的にもソラチカカードの方が好みでしたが。

Suicaへのオートチャージ機能が優先だったので全く考慮していませんでしたが、審査に通るかは別として、だめもとでワイドカードやゴールドカードを作成しても良かったのかなと後から思いました。

ANAカードを複数持つことも可能なので、後々考えていきたいと思います。短い期間でクレジットカードの申請を行うと良くないとの噂も耳にしますので、早くても数か月先です。

 

カード作成後に行ったこと

公共料金の支払い先クレジットカードを旧カード(非ANAカード)からANAカードに変更しました(現在、変更中もあり)。携帯料金の変更はショップに行くとものの数分、Suicaオートチャージ設定はVIEW ALTTE(ビューアルッテ)から行いました。

他にも、スターバックスカードへのオンライン入金を行っていますw

ちなみにANAカードを作成するとANAマイレージクラブの番号が新しく発生します(カード毎に番号が設定されているようです)。ANAカードの申し込みの際に、申込書に既存の番号を記載することで、今後の獲得マイル数は自動的に統合されます。

 

現在のマイル数とプレミアムポイント数

現在の状況は以下の通りです。

・マイル数:9,723マイル

・プレミアムポイント数:8,928ポイント

ANAカードの入会時ボーナスとして1,000マイル分増えています。前回から飛行機に乗ってませんのでプレミアムポイント数は増えておりません…

次は、他カード(非ANAカード)で貯めたポイントをANAマイルに交換してみようかと考えてます!

 

はじめまして

どうもこんにちは!

2017年からSFC修行を始めることにしました。

年内にプレミアムポイントを50,000ポイント獲得し、プラチナメンバーになります。

右も左も分からないまま勢いで始めましたが、先輩マイラー(ブロガー)のみなさんを見習って頑張りたいと思います。

 

 目次

 

 管理人の背景

管理人は会社員です。

現在、諸事情のため急に月1回のペースで東京から九州に行っています。それ以外の旅行では年に1回飛行機に乗るか乗らないかってとこです。ですが、最近になって『陸マイラー』と言う言葉を知り、飛行機が一気に身近に感じました。

そして、上級会員の優先搭乗や専用ラウンジを利用しているのみて羨ましくなり、上級会員を目指すことにしましたw

今までJALANAか統一せずに漠然と飛行機を利用してましたがANAの方がなんかかっこ良かったこと(完全に個人的なイメージです)、諸事情の九州行き以外に年内に家族旅行や友人と海外旅行を計画していること、思い立ったら吉日的な勢いで、今年SFC修行を始めることにしました。

 

 現在のマイル数とプレミアムポイント数

現在の状況は以下の通りです。

  • マイル数:8,723マイル
  • プレミアムポイント数:8,928ポイント

まだまだ50,000ポイントに遠くおよびません…

 

 今後の予定

  • ANAカードの作成
  • 他のポイント(他社クレジットカードポイントやnanacoポイント)をマイルに移行
  • マイル獲得サイトの利用

すみません… ANAカードすら持っていません。本当にゼロからの出発です。

無知で見苦しい点も多々ございますが、自分なり気楽に進めていきます。